幼稚園でも英語が学べる!?早く触れ合ってほしいなら探してみよう

幼稚園でも英語が学べる!?早く触れ合ってほしいなら探してみよう

先生と生徒

英語が学べる幼稚園とは?

一般的な幼稚園では基本的に英語を学ぶことは出来ません。しかし、英語を学ぶことが出来る幼稚園があります。
英語が学べる幼稚園のことを「プリスクール」と呼び、英語で過ごす幼稚園や保育園と考えると分かりやすいでしょう。
制度上は認可外保育施設という形になり、一般的な幼稚園と比べると費用が高額になる傾向にあります。

子供

プリスクールの魅力

プリスクールの魅力としては、アメリカやイギリスの教育方針を取り入れているということです。自分の意見が英語でもはっきり言えるようになります。
もちろん、日本国内の幼稚園になりますので、アメリカやイギリスの教育方針だけということではなく日本の礼儀やおもてなしの心なども学べますので、日本と欧米の良いところ取りをしているとも言えます。

先生と生徒

プリスクール通学に必要な費用の目安

プリスクール通学に必要な費用の目安ですが、プリスクールと一口に言っても保育時間にかなり差があります。
週3日の4時間保育程度であれば、授業料は年間で75万円程度で制服やランチ代、送迎バスの費用などが追加されます。週5日の場合は年間100万円近く必要となることもあるでしょう。
一般的に、インターナショナル附属のプリスクールの方が高額で、英会話教室や企業が開設しているプリスクールは比較的安価です。

プリスクールとインターナショナルスクールは異なる?

日本人向けのプリスクール

プリスクールは日本人の子ども向けの英語教育を行っている幼稚園や保育園となっています。
英語をイチから学べますので、日本人が一般的な幼稚園に英会話スクールに通うのをいっぺんに行える施設という言い方もできます。

外国人向けのインターナショナルスクール

インターナショナルスクールはスクールとなっていますが、学校教育法に該当する学校ではありませんので義務教育としては認められていない塾に近い形です。
インターナショナルスクールは基本的には外国人向けで、英語は学ぶというよりも必須なものになりますし、入学の際に受験があります。

広告募集中